マレーシア!

風水大国シンガポールからマレーシアに移動しました!

マレーシアもまた風水が盛んな国で、玄空飛星派風水で有名なリリアン・トゥー師もマレーシア出身の方ですね。首都クアラルンプールは平均気温が27度前後という温暖都市で、マレー系や中華系、インド系など様々な文化、宗教が集まる多民族都市でもあります。

マレーシアといえば、モスクをイメージした「ペトロナスツインタワー」が世界的に有名です。
高さ452m88階建て超高層建築物です!

タワー1を日本の建築会社、タワー2を韓国の建築会社、タワーを結ぶスカイブリッジをフランスの建築会社が施工したそうです www

オフィスとしては、マイクロソフトやアジアにおける衛星テレビ局アルジャジーラなど、世界的企業が入っており、タワーの下には活気に溢れるショッピングモールがあります。
タワーの後ろには池や噴水があり、ペトロナスツインタワーの繁栄を風水的にサポートしているのだとか。

確かに氣の良い空間でした。

さて、クアラルンプールのチャイナタウンに移動しました。
横浜中華街にもある三国志で有名な関羽を祀る中国寺院「関帝廟」。

クアラルンプールにもありました。

1887年完成、広東様式の寺院で真っ赤です!!

龍の彫刻も迫力満載ですが、住所なのかなんなのか…風水的に良い数字である「168」が入り口に刻まれているのが結構気になりました!

マレーシア風水科学協会会長のベネディクト氏は「アジア文明にみられる風水においては、古代の概念を集め、風水は宗教や神とは関連していなく、自然現象に基づいた科学の一種」と語ったそうです。

なるほど!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です