旧岩崎邸庭園に行ってみました。

上野でお客様のご契約があったので、旧岩崎邸庭園に行ってみました!
まさかのゲリラ豪雨でびっくりでしたが、行きは上野恩賜公園を通って不忍池の蓮を鑑賞しながら、ブラブラと。

はす

旧岩崎邸庭園の看板横のゆるやかな坂を登っていくと、案内所が見えてきます。
そして左を見ると、とっても素敵な旧岩崎邸があります!

001入り口の塀には三菱マークの由来となった岩崎家の家紋がしっかりと記されています!

002

旧岩崎邸庭園は1896年(明治29年)に岩崎弥太郎の長男で三菱第三代社長の久弥の本邸として作らてたお屋敷です。
現在は洋館・撞球室(ビリヤード場)・和館の3棟で敷地は3分の1となっていますが、当時は1万5,000坪の敷地に20棟もの建物が並んでいたそうです。第二時世界大戦後は国有財産となり、最高裁判所司法研修所等として利用されていたとか。
ちなみに洋館の地下室には厨房などがあるらしいのですが(一般公開はされていません)、この地下室にある迷路のような道を進むとお隣のビリヤード場につながっているそうです…すごいですね

003

洋館・撞球室はコンドル設計で有名な岩崎家の仕事を数多く手がけるイギリス人ジョサイア・コンドルさんの設計です。
旧岩崎邸は現存するコンドルさんの作品では最古の建物で、邸宅建築の中では傑作と言われています!
17世紀英国で流行したジャコビアン様式を基調に、ルネサンスやイスラムのモチーフ、米国・ペンシルヴァニアのカントリーハウスのイメージなどを採り入れています。

ん〜すごすぎて、よく分かりませんが、すごく見応えのあるお屋敷です。

004

華やかなステンドグラスの玄関、ジャコビアン様式のデザイン、シルクの日本刺繍の布張りになっている天井、金唐革紙を使用した見事な壁紙、ベランダのタイルや暖炉などの細部にはイスラム風のデザイン…

洋館に併置された和館は書院作りを基調にしており、細部までこだわった落ち着く空間になっています。

005

そして、奥にはカフェもありますので、雨の日でもゆっくり楽しめます!
ゲリラ豪雨の日は少し大変ですがwww

不忍池の蓮もそろそろ見頃となりますので、旧岩崎邸庭園にもぜひ足を運んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です