住吉大社で蛇に出会いました。

先日、大阪の住吉大社に行ってきました。
大阪の人は住吉大社を「すみよっさん」と呼び、初詣にはたくさんの方が訪れる有名な神社です!

また、商売発達・家内安全初辰まいり(はったつさん)という行事があり、毎月最初の虎の日に住吉大社内の四社をお参りするのが慣わしとなっており、遠方からも多くの参拝客が訪れます。
読んで字のごとく、毎月最初の辰の日のことから「初辰」です。
この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されているそうです。

初辰まいりの参拝者に授与されるのが水玉模様の裃を羽織ったかわいらしい手のひらサイズの「招福猫」。
始終発達するという意味の四十八辰というのがあり、4年を一区切りとして、48回参拝すれば満願成就となります。4年間月参りを続けられるというのは、それだけで無事発達していることになるのだそうです!

招福猫が48体揃うと、ビックサイズの中招福猫と交換してもらえるらしいです。さらに大招福猫をGETするには最短で24年かかるとかwww
左手を挙げた猫は「人招き=家内安全」、右手を挙げた猫は「お金招き=商売繁盛」のご利益があるといわれています。

住吉大社の巳神(みいさん)が宿る楠高社という大楠の祠(ほこら)があるのですが、なんとそこでに遭遇したのです!!

神社で蛇に遭遇することは稀にあるようですが、巳を祀っている場所で蛇に遭遇できるとは!

蛇=龍

神主さんもびっくりされてました。
これはなんだかご利益がありそうです!!

 

 

メイン写真:お祭り・イベントわっしょい情報局より
参考:住吉大社公式ホームページ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です