鹿児島 仙巌園「猫神神社」。

先日、かつての薩摩藩主島津氏の別邸跡 仙巌園(せんがんえん)の記事を書かせていただきましたが、この仙巌園には日本で唯一、猫をお祀りしている「猫神神社」があります!!
なぜ、猫が??と気になるところです。
猫の瞳孔は調整範囲が広く、明るいところでは細長く、暗いところでは出来るだけたくさんの光を取り込むために目一杯広げて真ん丸にします。時計のない時代、猫の瞳孔の形で時間を判断する猫の眼時計を活用していたというのです。
これは中国北宋時代にも記録が残っており、日本でも「六つ丸く 五七卵に 四つ八つは 柿の核なり 九つは針」という古歌が伝えられているそうです。

nyanpedia.com より

そんなこともあり、豊臣秀吉の文禄・慶長の役(1592~1598年)の際、第17代島津義弘公は朝鮮に7匹の猫を連れていき、猫の眼時計で時刻を推測したそうです。
猫神神社には、この7匹の猫のうち日本に無事に生還した2匹の猫の霊が祀られているのです。

猫神神社は御殿の裏側くらいに位置しており、坂をぐるっと登っていきます。
社殿も歴史を感じます。

6月10日の記念日には、鹿児島市の時計業者の人々がここに参集して例祭が執り行われ、また愛猫家のために猫長寿祈願と供養祭が行なわれるそうです!

猫神神社のそばには「猫屋」というかわいいお店があります。

washimo-web.jp より

ヤスとミケの絵馬や猫のお札、猫のお守りなどが売られています。絵馬に描かれているのは生還した2匹の猫「ヤス」と「ミケ」。

猫を飼われている方や猫好きの方は一度は行ってみたい神社
仙巌園にお立ち寄りの際は、ぜひ猫神神社にも足を運んでみてください!

 

参考)猫好き必見!日本で唯一、猫を祀る猫神神社(世界遺産 仙巌園)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です