鹿島神宮へ行ってきました!(6)

茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮に行ってきました!
約600社ある鹿島神社の総本社。創建が紀元前660年とされる全国有数の古社で、関東最古の神社とも言われています。

なんと、全6回のブログとなりました!
さて、マイナスイオンたっぷりの奥参道を進み、道が二手に分かれるところに奥宮があります。
奥宮の社殿は慶長10年(1605年)に徳川家康より関ヶ原の戦いでの勝利の御礼として本殿として奉献され、その後、二代将軍・徳川秀忠により現在の本殿が奉献された際にこの場所に奥宮として移されたそうです。

奥宮にお祀りされているタケミカヅチ神は「荒魂」で、荒ぶる神の力=危険や困難を恐れずに力強く、思い切りよく決断して行動できる神の力をお祀りしているのです。
勝気とエネルギーをもたらすパワースポット

奥宮の後ろにも立派な御神木があります。こちらは近づくことができます!!

そのまま奥に進むと、地震を起こす大ナマズの頭を抑えていると古くから伝えられている要石があります。

見た目は小さな石であるが、見えているのは氷山の一角で地中に隠れている部分は測り知れない大きさであるという要石。大ナマズは東国三社の香取神宮で足を抑えて、鹿島神宮で頭を抑えているそうです。なので、香取神宮にも要石があります!

東日本大震災時には被害はあったものの巨大なエネルギーを放出して大災害を抑えたとも言われています。

奥宮まで戻り、反対側の坂を下ると御手洗池があります。
水底がしっかり見えるほど澄みわたった美しい池です!!
なんと、1日に40万リットル以上の湧水があるそうで、皆さんこの湧き水をペットボトルに入れて持ち帰られていました。

鯉も気持ちよさそうに泳いでいました。
昔はここでをして心身を清めてから参拝をしていたみたいですが、現在でも1月に新年の決意も新たに鹿島立ちを希望される方のために大寒禊が行われているそうです!!

http://kashimajingu.jp/news/%E5%A4%A7%E5%AF%92%E7%A6%8A/ より

これは、なんともすごいです!
大人でも子供でも入ったら水面が胸の辺りにくる、という不思議な言い伝えがあるそうで….
ちょっと怖いですがwww

参拝して決断力と勝負運をいただいた後に、澄みわたった御手洗池で気持ちを落ち着かせ、その隣にある茶屋で霊水を使った抹茶や焼きだんごなどをいただくという見どころたっぷりのフルコースでした!

勝負運、決断力、行動力、統率力、厄除け…
仕事・人生に総合的な開運力のあるパワースポット
是非、参拝していただきたい神社です!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です