秩父「開運ツアー」〜聖神社編〜

風水不動産のお出かけ日記です。
先日、「開運ツアー」と題して、秩父・三峯神社に行って参りました。
…ということで、先日ブログを更新させていただきましたが、
せっかくなので、秩父駅近くにある秩父神社と聖神社にも足を運びました!

最後に聖神社をご紹介させていただきます!

聖神社は埼玉県秩父市黒谷の和銅山山麓に鎮座し、日本初の流通通貨である「和同開珎(わどうかいちん)」発祥の地として有名です。
708年、この地で日本初の自然銅(ニギアカガネ)が見つかったことがきっかけとなり、和同開珎が鋳造されることになりました。
そして、金山彦神(かなやまひこのかみ)を祀り、自然銅を御神体として創建されたのです。

金山彦神は商売繁盛・金運隆昌・災難除けの御利益があると言われています。
「銭神様」とも呼ばれており、お金儲けの縁起の神様として親しまれています。
社殿の手前に大きな和同開珎のモニュメントが聳え立っており、なかなか面白い神社となっております。
宝くじなどを持参すれば宮司さんに祈願もしていただけるそうですよ〜www
御朱印帳やお守りなども金運を意識された黄色や金色のものが多く揃っております!

また、御神宝としてお社には銅製の雄と雌のムカデが保管されているそうです。
ムカデは足がたくさんあるので「お金に困らない」象徴、「金運のある虫」なのだとか。

https://www.t-marche.com/tripper/article/585/ より

ちょっと気持ちが悪いですが………
お金に困らなさそう風ですw

さらに聖神社から歩いて15分ほど行ったところに、実際に採掘された場所「和銅露天掘り跡」にも行くことができます。
ただし、森の中だそうですがw
そこにも「日本通貨発祥の地」と書かれた「和銅開珎」の形をした大きな地碑!!

Wikipediaより

採掘現場にまで足を運ぶと、金運パワーを授かれること間違いなし?!
本来は「和銅露天掘り跡」に行き、お金を川で洗い、本殿に行き参拝するのが最大のご利益を得る方法だそうです!
ここぞという時はぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です