シーサーを置いてみる。

皆さんも沖縄土産に一つや二つ、お持ちではないでしょうか??

神社などでも良く見かけます。

シーサーは皆様もご存じかと思いますが、沖縄の方言で「獅子」のことです。
魔除けとか守り神とか言われていることが多いですね。

もともとはサンスクリット語のライオンのこと「シンハー」が沖縄の方言でシーサーになったとありました。
シーサーの誕生は『球陽』によると1689年ごろで、当時火事や災難が頻繁に起こっていて住民たちも困り果てていた時に風水師に助けを求めると
災難の原因は八重瀬岳のせいだ!すぐにでも獅子の像をつくってその山に向けて置いてみなさい
といわれ、実行してみると見事に災難は起こらなくなったという伝えがあるそうです。

びっくりなのがこの時のシーサーは今も存在しているそうです!
それからというもの沖縄全体にシーサーが「守り神」としてあちらこちらで置かれるようになったそうです。

風水不動産の事務所にもたくさんシーサーがいます!!

シーサー

さらにシーサーには「場を浄化させる効果」もあり、 最近の風水の一説ではペアで玄関や入口に置くと「家運・金運アップ」に効果があると言われています。

「口を開けた方が福を招き入れる!魔を吸い込む!」「口を閉じた方が福を逃さない」などといった効果があるそうなので、必ず対になったかわいいシーサーをGETしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です