招き猫の日。

来る9月29日招き猫の日!!
「929」を「来る福」の語呂合わせから、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会が記念日に制定したとかw
なぜ、招き…なのか… 招き猫の由来には日本各地で様々な諸説があるようです。

そもそも猫と人間が共存するようになったのは、猫がネズミを狩ることで農作物などを守ってくれる役割を持っているからで、古くから農作物や養蚕を食べてしまうネズミを駆除してくれる猫を害虫避けのシンボルとして祀る習慣があったようです。
その後徐々に、商売繁盛の象徴として扱われるようになったそうです。

左手を上げている招き猫は猫、右手を上げている招き猫は猫。
性別があるんですねwww
左上げは「千客万来」や「縁結び」、右手上げは「金運招来」や「幸運」を招くと言われています。
また、上げている手の高さは高ければ高いほど、より遠くからの「」を招いてくれると言われています!

両手を上げている招き猫もいるようですが、お客様と金運を招くという人もいれば、「お手上げ」という見方もあるそうなので、欲張りすぎは禁物といったところでしょうかw
両方のご利益を得たい場合は、右手左手を一体ずつ持っておくのが良いみたいです。

風水不動産でも、2匹のキラキラ招き猫が「福」を呼んでくれています!

一般的には、外から運を「招き入れる」という性質上、玄関など外へ向けて、人の多い場所や出入りが多い場所に置くといいそうです!
さらには、猫はもともと高い場所を好むので、人よりも高い位置に置くと居心地がいいみたいです。

もともとは三毛猫をイメージした白い猫が多かったのですが、最近ではピンクや黒などの招き猫もあり、色によっては効能が違うようですw

9月29日に可愛い招き猫に出会えるかもしれませんね!

 

参考)のらりくらり「招き猫の右手・左手、両手を上げている意味は?置き場所と色の意味」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です