パワースポットってなに??

パワースポットブームが到来してからというもの…国内外問わず、旅行には必ずといって観光名所となっていますね。

パワースポット=「神秘的な聖地」で、なんだかパワーがもらえそうなところ…
なんて感じでぼやっと認識している方が多いのではないでしょうか。

基本的には間違いありません!

もう少し知りたいという方に、風水不動産的にそもそもパワースポットってなんなの??をご説明します。
パワースポットという言葉は和製英語で、はじめて使ったのは日本を代表する超能力者(自称?)の清田益章さんという方だとか…
彼が1990年代に著書のなかで「大地のエネルギーを取り入れる場所」としてパワースポットを紹介したのがきっかけとなりました。

英語だと「Spiritual Places」ってとこでしょうか。

「パワースポット」という言葉自体は新しいですが、風水が栄えた江戸時代ではパワースポットは弥盛成地(いやしろち)と呼ばれており、神聖な場所・清浄な場所・神や仏がやどる所・草木が育つ元気の出る場所など、古い時代から大切にされている場所のことを言いました。
反対に植物が育たない土地・元気を吸い取られる薄気味悪い所・汚れ地のことを気枯地(けがれち)と呼んだそうです。

では、一概にパワースポットといっても、滝や森林、溶岩、海、神社や仏閣…たくさんあります。
なぜこのような場所が多いかというと、これらは大地や自然のパワーが集まる場所であり、すなわち風水で言う「氣」のエネルギーが集まっている場所だからです。

神秘的で一歩足を踏み入れると、突然空気が変わったように感じる場所ってありますよね?

特に神社仏閣や仏像などの象徴物がある場所は、そもそも「氣」のエネルギーが集まっている貴重な場所に建築されていることも多く、さらにその場所にたくさんの人の「こうなりたい!」という想いのパワーと神仏のパワーも集まっているので、とても強力なパワースポットと言えます。

とにもかくにも、絶対条件は「風水の良い場所」です。

なので、大地や自然のパワーが集まる場所はもちろん、あなたにとっての「心地よい」「元気が良くなる」「癒される」「ポテンシャルが上がる」「クリエイティブになれる」などと感じられる場所はどこでもパワースポットということですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です