旧朝倉邸住宅

風水不動産が都内で発見した身近なパワースポットをご紹介します!

前回は代官山T-SITEをご紹介しましたが、そこから歩いて5分くらいのところに旧朝倉邸住宅という、なんともノスタリジックな佇まいのおすすめスポットがあります!

旧朝倉家住宅は、代官山の鎗ヶ崎交差点にある交番の向かいにあり、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、 大正8年に建てられたお屋敷です。
戦後の困難期に売却、譲渡などの歴史を経て、昭和39年から近年まで渋谷会議所として使用されていました。
東京の中心部に残る数少ない大正期の和風住宅として貴重であることなどから、平成16年に国の重要文化材として指定された建物です。

入り口は大通りを少し入ると、突然現れます!
さらには入場料はまさかの100円です!

旧朝倉家住宅

私が訪れたのは11月初旬でしたので、ちょうど緑が気持ちいい季節でした。
庭園は季節ごとに桜、アジサイ、ツツジ、もみじの紅葉などを堪能することができます。崖線という自然の地形を取り入れた回遊式庭園なので、散策も歩きごたえがあります!
建物の中から庭園を眺めるのもよし、庭園を歩いて散策するのもよし、といったパワースポット以前に穴場スポットです。

旧朝倉家住宅

主屋は木造で、一部2階建となっています。接客のための応接間、内向きの座敷や茶室、中庭など機能に応じて色々と工夫されています。

ほとんどが和室ですが、ちょうど西洋文化が押し寄せてきていた時期でもあり、応接間だけかっこいい洋間となっています。

旧朝倉邸住宅

和室には意匠を凝らした欄間や襖、板戸のすばらしい絵画などを鑑賞することができるんです!
かつては2階から富士山が望めたといいます。びっくりですね!
今ではすっかり、オシャレスポットして若者が集う街となっていますが、大正時代の代官山はどんな感じだったのでしょう。

旧朝倉家住宅

ショッピングなどで代官山を歩き疲れたら、ほっと一息、旧朝倉家住宅で大正ロマンな和と自然を堪能してみませんか?
年に数回、お抹茶を振舞っていただけるそうですよ!

なんだか、とっても癒されるパワースポットでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です