中目黒八幡神社

風水不動産が都内で発見した身近なパワースポットをご紹介します!

今回は、縁結びでも有名な「中目黒八幡神社」。目黒三社と言われ、中目黒地域一帯の氏神・産土神として古くから崇敬を集めている神社です。
中目黒駅から徒歩7、8分。閑静な住宅街にひっそりと現れます。

001

入ってみると、御神水があり、君が代の歌に登場する「さざれ石」があります。さざれ石とは、石灰岩が溶け、地下の小石を結び付けて巌になった天然記念物だそうです!

003

緑が気持ちいい、ゆるい坂道を上っていくと、二つのお社がある境内へ。

「戦いの神様」として応神天皇を奉る本殿の「八幡神社」。もう一つは、「縁結びの神様」として親しまれている伊邪那岐命と伊邪那美命を奉る「三峯神社」です。
現在の本殿は昭和十一年(1936)に造営されたものが戦禍を逃れ現存しているのだとか。

004

八幡神社がなぜ戦いの神様というのかというと、母である皇后が天皇を身ごもったまま出陣しなければならなかった時に「戦いが終わるまでは、この子は生まれませんように」と願をかけ、無事に戦いが終わった後に出産できたことから、武士たちの間で天皇を「戦いの神様」とする信仰が広まっていったそうです。このことから「安産の神様」としても、さらに、この天皇の時代に国がとても栄えたことから、「商売繁盛の神様」としても信仰されてきたそうです。

また三峯神社が縁結びの神様として親しまれている理由は、神話の中で一番古い夫婦の神様である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)をお祀りしている神社だからだそうです。

盛りだくさん…

住宅街の一角に佇み、緑が気持ち良く、清々しい空気を感じられる神社でした。
ぜひ一度、足を運んでください。

 

注)現在は一部改修中です!

005

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です