はじめに

風水について

中国ではその昔、土地に建物を建てたりするときは亀の甲羅や獣の骨を焼いてひびの入り具合で吉凶を判断するなど、占いによって決めていました。

歴史は進み、古代中国の漢の時代に厳しい気候や氾濫に悩まされたことにより、徐々に占いではなく「風水」という環境学として考えるようになりました。
郭(ハク)という人物が書いた葬書の中に「氣は風に乗じて散じ、水に界られて即ち止まる」という言葉が書き残されており、後にこれが「風水」となります。

読んで字のごとく「風」と「水」

「風」は氣の流れやエネルギーの流れなど目に見えないものから、実際に体で感じる空気の流れを指し、「水」は空中に含まれる水分をはじめ、自然界全体の水のことを指します。
風と水は私たち人間をはじめとして、大地や森、すなわち自然界に必要不可欠なものですが、ひとたび自然災害になると風と水は脅威となります。人々は激しい気候変動や川の氾濫など、自然災害が生活や住む人に及ぼす影響を見極め、この厳しい環境でいかに住まいを快適にするかを考えました。そして、様々な観測データを元に長年のノウハウと知恵が集まり、「風水」が確立されていったのです!
それは生きて行くための知恵であり、快適に暮らすための自然環境学の始まりとなりました。
その後、人間と自然とを同調させて「気持ちが良いと感じる空間」を吉とし、7世紀から13世紀にかけては方位磁石が普及し、風水は17世紀半ばまでより正確な統計学として大いに発展しました。

中国から日本に風水が伝えられたのは飛鳥時代と言われています。そして、中国で風水が今の形に確率され始めたが13世紀の初期だとされています。
この数百年の間に、日本では古代風水の一部の理論のみが取り入れられ、中国本土とは別の形で、日本独自の「陰陽道」や「家相」へと発展を遂げたのです。
ですので、本来の風水とは少し違うものとなります。

また、近年日本で広まっている「風水」という名のインテリアや占い的要素の強い風水もイベント的なところのみ切り取られ、日本人に受け入れられやすく再輸入されたものと考えるといいかもしれません。
風水は願いを叶えたり、未来を占ったりするものとは違い、住まいを快適にして個々のポテンシャルを最大限に引き出し、不運を積極的に回避して幸運を掴む(あくまでも)術なのです。


風水の大切さ

中国の古い格言で

一、命
二、運
三、風水
四、積陰徳
五、唸書学問

というものがあります。

1つ目の命とは、宿った命「宿命」のことです。
避けることも変えることもできない生まれる前から決まっていることです。
例えば、人間として生まれたこと、日本人として生まれたことなど、自分の意思で決めることのできないことです。

2つ目の運とは、命を運ぶ「運命」のことです。
授かったこの命をどのように運ぶか、自分の意思で決めることのできるものです。
同じ宿命であっても考え方や出会う人、環境も異なります。どのように生きるかで、大きく人生を変えます。

そして、3つ目に風水です。
風水で氣の流れを良くし、その場所や個人が持つポテンシャルを最大限に生かせるよう環境を整えます。

4つ目の積陰徳とは世間に知らせることなく良いことすると意味です。
陰徳を積むことは、決して見返りを求めてはいけません。そうすることで、いずれは自分に返ってきます。

5つ目の唸書学問とは読書や勉強を意味します。
幾つになっても学ぶことが大切だと説いています。

風水、積陰徳、唸書学問は「運」を良い方向へと導くために必要なものとも言えます。
氣の流れが良くなることで、感覚が研ぎ澄まされるので、自ずと積陰徳や学問へと導かれます。

風水で環境を整えたからといって、それだけでいいということではなく、陰の努力や学ぶ姿勢も大切だということを忘れないでください。


風水の種類

風水には地理風水、陰宅風水、陽宅風水があります。

地理風水は、国や都市の風水です。
国や都市を作る場所から考え、地形や気の流れを調べ、栄えることを目的とする大規模なものです。
日本でも現在の京都である平安京は「四神相応」の地に遷都したと言われており、東京も富士山からの大地の氣の通り道である「龍脈」が集まるところに位置しており、どちらも風水上とても良いとされている場所となります。

次に陰宅風水はお墓の風水です。
風水自体、元々は先祖をどの地に埋葬するか、墓の向きはどうするかといった墓地の環境が、自分や自分の家族、
そして子孫の繁栄に大きな影響を与えることを知り得てきたものです。
先祖を風水的にいい場所「龍穴」に埋葬することで、子孫に良い影響を与えるとされています。

最後に陽宅風水は建物や家の風水です。
人生のほとんどを家で過ごしますが、その住居を居心地の良い場所にすることを目的とします。
住居、建築物、都市建築、施設構築物など住まいや建物を判断する風水で、私たちが日頃から身近に感じている風水は、この陽宅風水となります。