城南五山、島津山に行ってみました。

最近、風水不動産で城南五山エリアの物件をご紹介することが多くなりました!
おそらく、氣がいいからですよね。

ということで、先週は花房山、今週は島津山をブラブラしてきました。

島津山は品川区東五反田1丁目、3丁目付近の高台エリアを指します。かつては江戸時代に仙台伊達藩の7万5000平方メートルにもおよぶ広大な下屋敷があったそうです!
明治時代に旧鹿児島藩主島津公爵が購入し、私邸として英国風洋館を建設。多くの財界人の社交場として利用されていました。
その後、戦前・戦後の財政難により所有権は日銀に移転した後、清泉女子大学が購入し、現在に至ります。

まず、五反田駅から桜田通りを登ってみました。
すると、突然鳥居が現れます!
雉子神社(きじじんじゃ)です。
徳川三代将軍家光が鷹狩りに来た時に一羽の白雉がこの社地に飛び入ったのを追って社前に参詣し、「以後雉子宮と称すべし」との言葉があり、雉子ノ 宮となったそうです。

jinjya

中に入ると大通り沿いとは思えない静かで落ち着く神社です。
ちなみに東五反田の氏神さまだそうです!

少し戻って、3丁目方面方面へ向かいます。
駅近くはホテルや飲食店が立ち並ぶ「五反田有楽街」。

有楽街

ここを抜けると、徐々に坂道になり、高級邸宅街へとなっていくのです!
この辺りから「島津山」になるんですね。

shimaduyama

坂の途中に清泉女子大学の入り口があります。
旧島津公爵邸のルネッサンス様式の美しい洋館は、現在でも清泉女子大学内で見られるそうです。
そして、東京都選定歴史的建造物、しながわ百景にも指定されていて、島津山の象徴とも言えますね!

001清泉女子大学を囲む東五反田1丁目側のお家は、高台の地形に合わせてほとんどが階段付きの玄関でした。
外階段にお花を育てたり、藤の花なんかも見ることもでき、駅の近くとは思えない閑静で穏やかな住宅街でした。

そして、やはりありました!!
清泉女子大学を通り過ぎて、坂を登りきって左に曲がると、とっても高級そうなマンション。
マリックス島津山
木々に覆われたマンションのそばを通ると水が流れる音がしましたw

002

お花を育てているお家が多く、緑もたくさん見られるエリアなので、住宅街といえど公園を散歩したかのようでした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です