城南五山、 池田山に行ってみました。

城南五山、池田山に行ってみました。

最近、風水不動産で城南五山エリアの物件をご紹介することが多くなりました!
おそらく、氣がいいからですよね。

ということで、花房山島津山八ツ山、御殿山に続き、最後に池田山をブラブラしてきました!

JR五反田駅から北の方向へ7、8分歩いて行くと、池田山エリアへと入っていきます。
住所で言うと、品川区東五反田5丁目に位置する高台で、桜田通り(中原街道)を挟んで島津山があります。

寛文10年(1670年)に備前岡山藩主池田家が「大崎屋敷」といわれた地面積40353坪もの下屋敷を構え、用水路を引き、滝や池を作ったそうです。
池田山という通称は江戸時代から使われていて、明治維新以後も池田山は池田公爵邸として使われていたそうです。
大正の末頃から敷地の大部分は高級住宅地として開発され、現在に至ります。

001 2

池田山エリアに入ると、マンションか戸建てか分からないくらいの高級住宅街ですww

美術館と思っってしまうような、低層の高級ビンテージマンションを発見しました!
永田ハウス池田山
三方角立地のゆとり有る敷地に建っており、重厚な外観です。

002 2

エリア内に「ねむの木の庭」という公園があります。
もともとは皇后美智子の生家として知られる日清製粉社長の正田家の邸宅があった場所で、建物自体は老朽化が激しかったため、2002年に解体されたのですが、品川区が国から公園用地として跡地を取得し、「ねむの木の庭」として開園したそうです。
名前の由来は皇后が高校時代に自身で作った詩ねむの木の子守歌」から名付けられ、今は美しい様々な樹木や草花で彩られています。

003 2

さらに池田山には「池田山公園」という有名な公園があります。
ここは池田家の大崎屋敷の奥庭部分ったそうです。
池を中心にした回遊式庭園で、紅葉はもちろん桜やアジサイ、ツツジも楽しめます。

005

五反田駅からも目黒駅からも15分くらいの場所で、入場無料。気軽に散策できるので観光客の方も多かったです。
急勾配の地形をうまく活かしていて、休憩ゾーンがあったり、下の方にある池には鯉がいて、子供たちも遊びごたえのある公園です。
しかも、池田山公園はパワースポットとしても有名だとか。

その池田山を登りきったところに隣接するマンションも素敵でした。
テラス池田山
隣が池田山公園なので、一年を通して四季を堪能できそうですね。

oo6

さて、5週間にわたり、城南五山を散策してきましたが、気がいいだけあって素敵な場所でした。
必ずと言っていいほど、緑に囲まれ、気持ちの良いエリアです。
そして歴史ある高級住宅街なので、とっても散策していて楽しくなります。

皆さんも一度城南五山巡りをされてみてはいかがでしょうか??

では引き続き、風水不動産のお散歩日記シリーズを宜しくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です