陰陽五行思想(前半)。

陰陽五行思想とは風水の基本思想です。
陰陽五行論、陰陽五行説などとも言われ、古代中国に哲学理論である「陰陽説」と「五行説」が結合し、発展したものです。

「陰陽説」というのは、宇宙の万物は全て陰と陽の二つのエネルギーで構成されているという思想です。
宇宙の万物は全て陰と陽に分かれていて、お互いに対立しながらも同時に依存しあっている関係で、陰が極まれば、それは陽に転じると考え、絶対的な関係ではなく相対的な関係にあるという考え方です。

例えば、
天は陽で、地は陰。
昼は陽で、夜は陰。
男は陽で、女は陰。
表は陽で、裏は陰。
活動することは陽で、睡眠をとることは陰。
行動力は陽で、観察力は陰。
興奮が陽で、冷静が陰
…などなど

これらは、一方がなければ他方も存在できないという関係にあり、どちらが良い悪いでもなく、陰に偏りがちなときは陽を取り入れ、陽に偏っているときは陰を取り入れ…
陰と陽の二つの氣が調和することで自然界の秩序やバランスが保たれているのですね。

_318-50138
このイラストは太極図
「陰」「陽」のバランスが保たれている状態を表しています。

黒い部分が下降する「陰」の氣で、白い部分が上昇する「陽」の氣。黒い部分の中の白い点は陰中陽、白い部分の中の黒い点は陽中陰と言うそうです。
逆になっているものもあるようですが、本来は白が上に向かい、黒い部分が下に向かうのが正しいそうです。

太極図には「氣」を安定させる効果があるみたいですよ!

ではでは、次回へ続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です